女の人自身の内にある男性性が成長してくると、現実の男の人はあまりいらなくなってきます。

男の人自身の内にある女性性が成長してくると、現実の女の人はあまりいらなくなってきます。

どういうことかというと、異性の特性を兼ね備えるような状態になってくるということです。

まったくいらないということではありませんが、若い時期のようには要しなくなります。

ですから、歳をとってもまだ異性がほしい人は、自身の内の異性性が成長していないのかもしれません。